平成29年度事業完了
平成28年度事業完了
平成27年度事業完了
平成26年度事業完了
平成25年度事業完了
平成24年度事業完了
平成24年度事業完了
平成21年度事業完了
平成18年度事業完了
平成20年度事業完了
平成19年度事業完了
平成18年度事業完了
平成16年度事業完了


4

末広里山保全事業
平成25年度事業完了

森林・山村多面的機能発揮交付金助成事業

「森林・山村多面的機能発揮対策交付金助成」事業とは、森林の有する多面的機能を発揮させるため、地域の活動組織が実施する森林の保全活動や山村地域の活性化に資する取り組みに対して、平成25年度〜27年度の3年間、一定の費用を国(林野庁)が支援するというものです。

 私達「末広区自治会」は、この事業を「末広里山保全事業」として位置付け、特別委員会を組織して取り組むこととしたものです。

末広区では今まで、里山再生事業(平成18年度〜平成24年度)、野生動物育成林整備事業(平成24年度)など「山里の景観改善」に取り組んできましたが、雑草木や竹林は、放置するとどんどん成長し生い茂ってしまい整備前の状態にすぐに戻ってしまいます。

過疎化と高齢化が進行する中、不在地主も増え、事業地の維持管理が大きな課題となっています。

この事業は、森林の保全活動を住民自らの手で実施することを基本としており、活動計画書も特別委員会と各ブロック世話人による現地調査と話し合いにより作成したものです。

末広里山保全事業特別委員会
委 員 長 中谷康夫
副委員長 吉川公造 中谷敏幸
会  計 小林龍三
書  記 中塚和明
顧  問 伊塚忠之 吉田均

各ブロック世話人
西側 @ ブロック
従前の西側里山地区
吉田均  伊塚忠之
西側 A ブロック
天満神社周辺地区
吉川公造  吉田均  高橋昭二
西側 B ブロック
観音地区
国永隆信  吉田恵一郎
東側 @ ブロック
角屋・上垣内地区
広本智  山本勉  松井広彦
東側 A ブロック
中ノ谷地区
伊塚忠之  森本勝成  松柏弘一  平川浩司
東側 B ブロック
カワラケ地区
小林龍三  小林敏昭
墓地周辺 ブロック 中塚和明
事業の流れ

平成25年9月15日
 末広区自治会臨時総会を開催して、事業への取り組みを決定
 「末広里山保全事業特別委員会」を組織

平成25年9月30日
 「森林・山村多面的機能発揮対策交付金に係る採択申請書」を提出

平成26年1月6日
 「平成25年度 森林・山村多面的機能発揮対策交付金に係る採択通知書」を受領

平成26年3月10日
 「平成25年度 森林・山村多面的機能発揮対策交付金に係る実施状況報告書」を提出

平成26年3月31日
 「平成25年度 森林・山村多面的機能発揮対策交付金に係る実施状況確認通知書」を受領

 この事業は全く新規の事業であり、担当行政機関も私たち活動組織も初めてのことで書類作成や事務手続きに予想以上の時間がかかり「採択通知書」は年が明けてからとなってしまい、その上事業完了の「実施状況報告書」の提出は3月10日が期限と言う強行スケジュールとなってしまいました。

 そこで、正式な「採択通知書」をまたず12月より事業に着手することにしました。
毎週、土曜日・日曜日を可能な限りの全員参加の作業日として、朝8時30分にセンター末広前に集合して、朝礼ののち作業を開始、また平日は出動可能な人たちで作業班を編成して作業を実施してなんとか2月末に予定の事業をすべて無事完了することができました。

 この事業は外部への委託も可能ですが、今年度は一部作業は地元のボランティアグループへの委託事業としましたが、全ての作業を地元の住民の手で実施することができ大きな評価ができるものと考えています。

平成25年度事業概要
平成25年度は、平成24年度実施の「野生動物育成林整備事業」の事業地の維持管理を主体に計画し実施したものです。
種類 事業内容 総事業費 交付金
活動計画書作成 活動計画書作成 262,500 150,000
里山林保全活動 里山林整備
4.3ha
・雑草木刈払い
・鹿柵新設、出入口設置など
701,900 688,000
進入竹除去
竹林整備活動
竹林整備
1.4ha
541.823 532.000
森林空間利用タイプ 1回
とんどの実施
50.000 50.000
資機材 ・鹿柵 (60m)
・鹿柵出入口 (15カ所)
416.344 208.000
合 計 1,972,567 1,628,000

作業実施状況写真
※関連記事はこちらをクリック








〒671-2413 兵庫県姫路市安富町末広 末広区自治会
新しいふるさとづくり実行委員会 広報部
E-mail/info@suehiro.cc